津軽の甲賀者と石田三成の旅



 戦国時代に全国に散らばって行った甲賀忍者達は、青森の地でも活躍してました。今、青森大学の清川教授が弘前藩に勤めた「早道の者」と呼ばれた甲賀忍者の組織が江戸時代を通じて存続活躍したことや、全国2例目の現存する忍術屋敷の発見等、その足跡の掘り起こしを学生さんたちとやりながら,観光振興のコンテンツとして取組を熱心にされています。
e0200437_13564495.jpg
 この青森県は、関ヶ原の合戦で敗れた石田三成の一族も落人としてこの地で姓を変え、代々青森で活躍してきた歴史があります。この甲賀忍者と石田三成ご子孫等の足跡を辿るツアーが現在参加者募集をしております。3月23日(金)~25日(月) 伊丹空港から青森空港への往復と二泊の宿泊費、3日間のバス等を含めて\49800-という通常の役半額の価格設定で大変にお得です。まだ募集が続けられていますので参加したい方は、掲載チラシの申込先へお手続き下さい。

e0200437_13565149.jpg

[PR]
by koka-kanko | 2018-03-09 13:59 | Comments(0)